よくわかる! 養殖魚の加工

    価格: ¥4,505 (本体 ¥4,095)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    水産加工は長い歴史を持ち、漁獲量の多い漁港では水産加工業が古くから取り組まれています。そして現在、消費地ではより加工度を高めた食べやすい食品を求めるニーズが高まっており、水産庁でもファストフィッシュという形で、簡便化商材を支援する動きを強めています。それに伴い、6次産業化事業、それを後押しするファンドの設立など、経営面でのサポートが始まっています。しかし、商品開発はマーケットインで考えることが肝要です。つくったもの、つくりたいものを売りにいくのではなく、求められているものをリサーチして安定的に供給する体制を構築しなければなりません。本書では、それら水産加工業に参入するに当たって必要となる基礎知識として、水産加工の概要、商品開発の基本、衛生管理手法などについて、分かりやすく解説しています。ビジネスの新しい一歩にお役立ていただけるヒントが満載の一冊です。

    目次

    第1章 水産加工品の現状と可能性
    水産加工業の概要と消費拡大への課題
    6次産業化の取り組みと施策

    第2章 加工の形態
    一次加工
    干物
    燻製
    水産缶詰
    生食用鮮魚のアルコールブライン凍結

    第3章 加工品の商品開発とマーケティング
    レシピの開発方法
    自社でやるのか、委託するのか
    加工機械の導入
    原価計算の方法
    事業計画書の作成
    知的所有権管理
    マーケティング(商談と連携)

    第4章 衛生管理手法の基本と適切な選び方
    衛生管理手法とは?
    企業のスタイルに合う衛生管理手法の選択
    衛生管理と品質管理
    認証制度の種類と選び方(HACCP、ISO、SQF、FSSC)

    第5章 水産加工の注目トピックス
    公立試験研究機関での加工品開発
    地域おこしと水産加工
    水産物の消費を拓くファストフィッシュ

    写真で見る水産加工機材

    編集:『養殖ビジネス』編集部
    A4判 90頁
    2013年3月発行
    定価:本体4,095円(税別)


    「養殖ビジネス」臨時増刊号 水産加工の基礎知識から具体的な商品開発、事業計画が一目瞭然!

    関連商品

    ページトップへ