ゼロからわかる! スマート養豚

    価格: ¥3,080 (本体 ¥2,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    農畜産業への担い手不足や高齢化、労働負荷などの課題を解決すべく、近年ではICT、IoT、AIを活用した「スマート畜産」の技術が研究・開発されています。本書では、これらの技術を養豚現場で生かす「スマート養豚」について、その概要や研究・開発中の技術、国内外における導入事例を解説します。

    目次

    【Chapter1 スマート畜産と養豚への活用】

    ■スマート畜産の現況と課題
    池口 厚男(宇都宮大学)

    ■スマート養豚の実態調査
    山田 哲郎((一社)全日本畜産経営者協会)

    ■農場内外のインターネット整備
    横濱 拓哉(株式会社ポータス)

    ■スマート養豚の活用と導入方法
    松原 英治((公社)国際農林業協働協会)


    【Chapter2 最新! スマート畜産研究事例集】

    ■データ活用型スマート養豚とICタグの可能性
    小澤 真(鹿児島大学)

    ■IoTデータの活用を通じた持続可能な養豚繁殖モデルの構築
    瀧下 梨英((独)家畜改良センター)
    橋谷田 豊(石川県立大学)

    ■カメラによる豚の体重推定とソーティングシステム
    川末 紀功仁(宮崎大学)

    ■飼養環境の見える化と健康状態の遠隔把握
    川畑 直樹(東日本電信電話株式会社 神奈川事業部)

    ■音で検出! 疾病対策へのAI活用
    高井 茉佑子、高須賀 健人(Hmcomm株式会社)

    ■豚舎を楽に、きれいに! 国産豚舎洗浄ロボットの開発
    竹尾 駿(千葉県)


    【Chapter3 国内外のスマート養豚導入事例】

    ■農場にICT・IoTを導入して豚と向き合う時間を確保する

    ■養豚生産におけるこれからのオンラインツール

    ■ヨーロッパのスマート養豚
    水上 仁(合同会社アクアップ)

    ■中国のビル養豚システムの由来と現状
    郎 劍威(ミツハナ株式会社)


    【付録】

    ■スマート養豚 用語・略語集
    監修:池口 厚男(宇都宮大学)

    ■PRODUCT GUIDE(スマート養豚×資材ガイド)

    編集:『養豚界』編集部
    A4判 90頁
    2021年8月発行
    定価:本体2,800円(税別)


    養豚界臨時増刊号

    関連商品

    ページトップへ