養豚版下痢攻略ハンドブック

    価格: ¥3,080 (本体 ¥2,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    呼吸器疾病と並び、養豚場で大きな問題となっている豚の消化器疾病。特に下痢は、若齢期の事故率、肥育期の増体量・FCR悪化などにつながり、経営へのダメージも大きい。 本書では、豚の腸管の仕組みと下痢発生のメカニズムを解説した上で、下痢を引き起こす疾病とその対策を示すとともに、予防策も提示。豚流行性下痢(PED)の対策についても、国内と北米の事例を交えて紹介する。

    目次

    【 グラビア 】
    ■写真でみる 豚のふん便と腸管
    小池 郁子(エス・エム・シー(株))

    ■豚の下痢の原因とその好発時期
    矢原 芳博(日清丸紅飼料(株)総合研究所 検査グループ)

    【 第1章 消化器の生理と下痢対策の基本 】
    ■現場で知っておきたい 腸管の役割と下痢発生のメカニズム
    末吉 益雄(宮崎大学 産業動物防疫リサーチセンター)

    ■腸内細菌の役割と菌叢バランスの重要性
    塚原 隆充((株)栄養・病理学研究所、京都府立大学大学院)

    ■下痢発生時のチェックポイントと初動対策
    志賀 明((有)シガスワインクリニック)

    【 第2章 下痢を引き起こす疾病と対策 】
    ■大腸菌症
    小林 秀樹((独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所)

    ■哺乳~離乳期の大腸菌症対策
    矢原 芳博(日清丸紅飼料(株)総合研究所 検査グループ)

    ■サルモネラ病
    渡辺 一夫((株)ピグレッツ)

    ■壊死性腸炎
    網本 勝彦((株)微生物化学研究所)

    ■豚赤痢
    足立 吉數(茨城大学 名誉教授)

    ■豚増殖性腸炎(PPE)
    三上 修((独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所)

    ■豚流行性下痢(PED)
    豚伝染性胃腸炎(TGE)
    宮? 綾子((独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所)

    ■PED発生農場における対策事例
    伊藤 貢((有)あかばね動物クリニック)

    ■北アメリカのPED対応から日本養豚が学ぶべきこと
    ピンチをチャンスに変える!
    大竹 聡((株)スワイン・エクステンション&コンサルティング)

    ■ロタウイルス感染症
    宮? 綾子((独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所)

    ■コクシジウム病
    島田 隆男(千葉県農業共済組合連合会)

    ■[コラム]飲水・水質から考える下痢対策
    早川 結子((株)ピグレッツ)

    【 第3章 消化器疾病の予防策 】
    ■消化器疾病の侵入・拡散を防ぐバイオセキュリティ
    藤原 孝彦(藤原動物病院)

    ■消毒への認識を変えてください!
    三宅 眞佐男(アニマル・バイオセキュリティ・コンサルティング(株))

    【 付録 】
    ■下痢対策 資材ガイド

    編集:『養豚界』編集部
    A4判 102頁
    2014年7月発行
    定価:本体2,800円(税別)


    養豚界臨時増刊号

    関連商品

    ページトップへ