世界の養豚 日本の養豚

    価格: ¥3,080 (本体 ¥2,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    養豚業は動物性タンパク質を供給するという目的のもと、世界中で営まれています。日本で養豚生産を続けるに当たり、養豚先進国といわれるアメリカやヨーロッパはもちろん、発展途上の状況を理解することが自農場の経営、管理に役立つのではないでしょうか。本書では、世界の養豚生産・流通の現状について図表やデータを用いて解説しつつ、主な10ヵ国の養豚業の実態や各国におけるさまざまな取り組みを紹介。さらに日本の現状をデータとともに示し、向き合うべき課題を考えます。

    目次

    【第1章 世界における養豚業】

    ■世界の養豚生産
    佐々木 勝憲((独)農畜産業振興機構)

    ■世界の主要豚肉輸出国と日本の豚肉輸入の現状
    高橋 寛(有限会社ブリッジインターナショナル)


    【第2章 各国の生産・流通の実態】

    ■大規模化、省力化で低コストを実現 アメリカ
    國生 哲志(イワタニ・ケンボロー株式会社)

    ■輸出に注力するカナダ
    野村 昇司(カナダポークインターナショナル)

    ■チルド、冷凍ともに輸出するメキシコ
    大貫 勝彦(株式会社フロンティアインターナショナル)

    ■時代に合わせて変化する伝統産業 ドイツ
    田中 征里奈(ビッグダッチマンジャパン)

    ■年間出荷頭数平均30頭に迫るオランダ
    ヘンク・ヤンセン(Topigs Norsvin)
    (訳:森川 和徳/日の出物産株式会社)

    ■養豚産業が大きく躍進するスペイン
    纐纈 雄三、飯田 涼介(明治大学農学部)

    ■情報共有で生産成績を向上させるデンマーク
    辻 博史(株式会社シムコ)

    ■世界最大の生産・消費を誇る中国
    池田 愼市(ジャパンファームホールディングス株式会社顧問 技術士)

    ■組合をつくり生産性向上に取り組む韓国
    鄭 賢圭(ドッドラム養豚組合)

    ■システム化が進むタイ
    パリワット・プールパーム(カセサート大学)
    (訳:橋澤 義憲/デラコン・バイオテクニック有限会社)


    【第3章 日本の養豚の現状】

    ■データでみる日本の養豚

    ■日本の養豚の現状と課題
    大井 宗孝(有限会社豊浦獣医科クリニック)


    【第4章 各国の改善やシステム構築へのアプローチ】

    ■パイプストーン・システムからわれわれが学べること
    大竹 聡(株式会社スワイン・エクステンション& コンサルティング)

    ■韓国におけるチェックオフ実現と運用方法
    安 基洪(韓国養豚コンサルタント)[文責:編集部]

    ■アフリカ豚コレラへの各国の対応
    山田 学(農研機構 動物衛生研究部門)

    ■デンマークに学ぶ抗菌剤の適正使用
    石関 紗代子(有限会社サミットベテリナリーサービス)

    【付録 世界の生産頭数】

    ■FAO統計データでみる世界の生産頭数

    編集:『養豚界』編集部
    A4判 90頁
    2019年8月発行
    定価:本体2,800円(税別)


    養豚界臨時増刊号

    ページトップへ