養豚家のための飼料入門

    価格: ¥3,080 (本体 ¥2,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    飼料費は、肥育豚生産費の半分以上を占めているため、経営に直結するといっても過言ではありません。本書では、飼料の無駄やコスト削減に役立つ情報を基礎から実践、応用まで網羅。養豚業に従事する方が飼料の知識を深める入門書となる一冊です。

    目次

    第1章 飼料と栄養の基本を学ぶ

    ■飼料の基本
    大井 宗孝((有)豊浦獣医科クリニック)

    ■豚の消化と吸収
    高田 良三(新潟大学)

    ■豚が必要とする栄養素とエネルギー
    野口 剛(JA全農 飼料畜産中央研究所)

    ■ビタミン・ミネラルの役割と注意点
    吉村 修(日清丸紅飼料株式会社 総合研究所)


    第2章 飼料原料を知る

    ■トウモロコシとグレインソルガム
    米持 千里(アメリカ穀物協会)

    ■大豆ミールの栄養成分と品質
    橋澤 義憲(アメリカ大豆輸出協会)

    ■菜種ミールの生産と飼料への利用
    齋藤 三四郎((株)J-オイルミルズ)

    ■飼料米の利活用に向けた現状と課題
    吉田 宣夫((一社)日本草地畜産種子協会)

    ■飼料米の給与技術
    田島 清(農研機構 畜産研究部門)

    ■エコフィードの活用に当たって
    佐伯 真魚(日本大学)

    ■エコフィードの使い方
    高橋 慶((有)環境テクシス)

    ■飼料と肉質の関係
    入江 正和(近畿大学)


    第3章 給餌のポイントを確認する

    ■種豚の飼料設計と給餌のポイント
    武田 浩輝((有)アークベテリナリーサービス)

    ■無駄をなくす肉豚の給餌管理ポイント
    水上 佳大((有)あかばね動物クリニック)

    ■「病態栄養」という考え方
    栄養と疾病との関係について
    塚原 隆充((株)栄養・病理学研究所、京都府立大学大学院)

    ■飼料の加工と粒度
    飼料要求率に与える影響
    高橋 克明(日本農産工業(株) 畜産技術センター)


    第4章 飼料にこだわる農場事例

    ■自家配合が飼料の知識を深めるきっかけに

    ■バイプロを活用しておいしい豚肉をつくる

    ■バラツキのない肉豚出荷へのこだわり

    編集:『養豚界』編集部
    A4判 92頁
    2016年7月発行
    定価:本体2,800円(税別)


    養豚界臨時増刊号

    関連商品

    ページトップへ