どうぶつのおちんちん学

    価格: ¥1,760 (本体 ¥1,600)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    おちんちんは進化の不思議の玉手箱!

    身近などうぶつたちのおちんちんの奥深さに獣医解剖学・繁殖学の専門家がアカデミックかつ楽しく迫る!
    動物によってその形を独特に変化させてきた「おちんちん」を切り口に、生物の進化の不思議に迫ります。

    ・どうぶつによってずいぶん違うおちんちんの形状と機能
    ・勃起・射精・交尾行動も千差万別
    ・馬はやっぱりかなり立派!
    ・地球上最大のおちんちんの持ち主はシロナガスクジラ?
    ・トカゲやヘビにはおちんちんが2本ある
    ・ワニは常に勃起状態
    ・おちんちんに骨がないのはむしろ少数派

    目次

    第1章 おちんちんの解剖学
    1 オスの生殖器の全貌
    2 おちんちんの構造
    おちんちんの全体像
    特殊な血管組織である海綿体
    おちんちんの骨(陰茎骨)
    勃起に関わる筋肉
    おちんちんに分布する血管
    おちんちんの神経支配
    動物種によるおちんちんの違い
    3 精巣とそれを包む陰嚢
    陰嚢の皮膚は三重構造
    陰嚢皮膚による温度管理システム
    精子をつくる精巣
    降りてくる精巣
    精巣の血管系にみる温度管理システム
    動物種による精巣・陰嚢の違い
    4 精液の液体成分をつくる副生殖腺
    精液には何が含まれているのか
    動物種により異なる副生殖腺の分布
    犬は年をとると無精液症になる

    第2章 おちんちんの生理学
    1 精子の形成と精漿の役割
    精子発生の過程
    精子の成熟
    精漿の特殊な役割
    一回の射精で出る精液量や精子数の違い
    精液に影響を及ぼす因子
    2 勃起と射精のメカニズム
    直接刺激と間接刺激による勃起方式
    人はなぜ朝勃ちするのか
    射精のメカニズム
    家畜の精液採取法
    3 交尾行動の繁殖生理学
    性行為のタイミングはメスが決める
    季節繁殖動物と周年繁殖動物
    様々な交尾予備行動
    交尾行動(本番)
    犬の交尾は特殊~射精は三段階に分けて~
    猫は一発情期に10回も交尾する
    競走馬の交尾時期は当て馬がお膳立て
    豚と牛の交尾事情

    第3章 おちんちんの雑学
    1 どうして大きなおちんちんを馬並みと言うのか
    馬並みの由来は太さにあり?
    馬以上にすごい自然界の動物のおちんちん
    2 かわいい動物たちの下半身事情
    ウサギは猫以上にお盛ん
    アライグマの陰茎骨は幸運のお守り
    モルモットの精巣は出し入れ自在
    フクロモモンガのおちんちんは二股のヒモ状
    3 人にはなぜ陰茎骨がないのか
    4 霊長類のおちんちんを比べてみる
    夫婦のタイプによるおちんちんの違い
    実はデカい人間のおちんちん
    5 射精時のオス・メスの生殖器
    尿道突起は何のためにあるのか
    勃起したままになってしまう病気がある
    6 爬虫類のおちんちん
    爬虫類のおちんちんはお尻の穴から生えている
    カメのおちんちんはデカい! そしてワニは常に勃起している
    トカゲとヘビにはおちんちんが二本ある
    7 精子は必ずしもオタマジャクシ型ではない
    8 動物によって異なる精巣の位置

    監修:浅利 昌男
    B6判 144頁
    ISBN978-4-89531-337-7
    2018年7月発行
    定価:本体1,600円(税別)


    ページトップへ