犬と猫の心臓超音波検査

    価格: ¥30,800 (本体 ¥28,000)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    犬と猫の心臓超音波検査の幅広い情報を一冊に集約した
    初心者から循環器の専門家まで活用できる決定版!

    診療現場で行われている従来の検査や新しい検査技術について、豊富な写真や動画で詳しく解説。犬と猫を診る上で重要な疾患についても解説しており、臨床現場で役立つ。エコー室や診察室に常に置いておきたい心臓超音波検査のバイブル。


    ≪本書のポイント≫

    Point 1 基本的な検査方法
    超音波検査の基礎となる各モードの原理やプローブの選択、動物の体勢、深度の設定、プローブを当てる位置や角度、画像の見方などを紹介。

    Point 2 新しい検査方法
    新たな検査方法であるスペックルトラッキング法、経食道心臓超音波検査法、3D心臓超音波検査法などの原理や適応、注意点や画像の見方について解説。

    Point 3 重要な疾患
    臨床現場で注意すべき疾患には1つのChapterを費やし、従来の検査法と最新の検査法を交えながら徹底解説。

    Point 4 91本の関連動画
    検査の詳細がよくわかる、本書の内容と連動した91本の動画を付録DVDに収録。本書の解説とあわせてご覧になることで理解が深まる。

    目次

    Part 1
    健常心臓超音波検査

    Chapter1
    健常像:2Dモード法、TMモード法、スペクトルドプラ法、カラードプラ法
    種々のモード/概論/2Dモード法/TMモード法/スペクトルドプラ法/カラードプラ法

    Chapter 2
    心臓超音波検査の健常値:TMモード法、2Dモード法、スペクトルドプラ法
    TMモード法と2Dモード法の健常値/スペクトルドプラ法の健常値

    Chapter 3
    検者内/検者間の変動係数
    反復性、再現性、検者/測定値の変動係数に対する検者の影響/実際の結果/結論


    Part 2
    新しい心臓超音波検査法

    Chapter 4
    心筋組織ドプラ法、派生テクニック、スペックルトラッキング法
    健常心筋の動力学/心筋組織ドプラ法と組織ドプラ法/派生テクニック(組織トラッキング法、ストレイン法、ストレインレート法)/スペックルトラッキング法/結論

    Chapter 5
    経食道心臓超音波検査法 
    導入と技術/検者/合併症/プロトコール/指標と適応/結論

    Chapter 6
    3D心臓超音波検査法
    3D心臓超音波検査法/様々な3D心臓超音波検査法/獣医療における3D心臓超音波検査法/3D経食道心臓超音波検査法


    Part 3
    血行動態評価

    Chapter 7
    全体的な左心室収縮機能評価
    左心室の解剖/短軸方向収縮機能の評価:短縮率/左心室容積から求められる収縮期の指標/長軸方向収縮機能の評価/スペクトルドプラ法から求められる収縮期の指標:収縮期間隔と心筋機能指標(Tei index)/スペックルトラッキング法から求められる指標/結論

    Chapter 8
    拡張機能評価
    拡張期相と拡張機能の決定因子/拡張障害の分類/拡張機能の指標

    Chapter 9
    左室充満圧の心臓超音波検査
    左心房圧曲線/左心房圧心臓超音波検査指標/その他の心臓超音波検査指標

    Chapter 10
    全体的な右心室収縮機能評価
    短軸方向収縮機能の評価:短縮率/長軸方向収縮機能の評価/組織ドプラ法から求められる指標/結論


    Part 4
    後天性心疾患

    Chapter 11
    犬の後天性弁閉鎖不全症
    僧帽弁閉鎖不全症/三尖弁閉鎖不全症/大動脈弁閉鎖不全症/肺動脈弁閉鎖不全症

    Chapter 12
    犬の原発性拡張型心筋症とその他の心筋症
    原発性拡張型心筋症/その他の心筋症

    Chapter 13
    猫の心筋症
    肥大型心筋症/拘束型心筋症/拡張型心筋症/非定型心筋症/血栓症リスク評価

    Chapter 14
    肺高血圧症
    原因と病態生理/一般的な心臓超音波検査と肺高血圧症/一般的なドプラ法と肺高血圧症/新しいイメージング法と肺高血圧症

    Chapter 15
    犬糸状虫症:特異的な2D心臓超音波検査所見
    犬糸状虫症の心臓超音波検査所見/犬糸状虫症に関連した他の心臓超音波検査異常所見

    Chapter 16
    全身性疾患による循環器症状
    体高血圧症/甲状腺機能亢進症/貧血

    Chapter 17
    心膜疾患
    心膜の解剖と機能/心膜液貯留/収縮性心膜炎/心膜の先天性異常

    Chapter 18
    心臓腫瘍
    種類と有病率/心臓超音波検査による評価/特徴的な心臓超音波検査所見


    Part 5
    先天性心疾患

    Chapter 19
    先天性心疾患
    左室流出路障害/大動脈弁下狭窄症/肺動脈狭窄症/動脈管開存症/心室中隔欠損症/心房中隔欠損症/僧帽弁異形成/三尖弁異形成/ファロー四徴症/三心房心/心内膜床欠損症

    Chapter 20
    インターベンション術前後における先天性心疾患の心臓超音波検査評価
    肺動脈狭窄症/動脈管開存症/心室中隔欠損症/心房中隔欠損症

    監訳:上地 正実
    著:Eric de Madron、Valerie Chetboul、Claudio Bussadori
    A4判変型 368頁 オールカラー
    付録DVD:「動画で学ぶ犬と猫の心臓超音波検査 91 Video Clips」
    ISBN978-4-89531-325-4
    2018年3月発行
    定価:本体28,000円(税別)


    ページトップへ