メカニズムから理解する馬の動き

    価格: ¥4,620 (本体 ¥4,200)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    「馬がどのようにして動くか」が一目でわかる!

    馬の体表面に骨格と筋肉を描くことで、馬の動きに応じて骨格と筋肉がどのような動きをするのかを視覚的にわかりやすく紹介。
    誤った騎乗法と運動器疾患の関連を知り、愛馬のパフォーマンス向上につながる。


    [本書のポイント]

    1.筋肉や骨格の動き方を理解し、解剖学を学ぶことでより馬の動きを深く知ることができる
    2.馬を最善の状態に維持するための柔軟体操やストレッチなどについても紹介
    3.豊富なカラー写真と充実の内容で乗馬初心者だけでなく馬術競技のトップライダーにもおすすめ

    目次

    パート1
    基礎知識

    馬体をつくる筋肉
    筋膜の役割
    腱と靭帯
    さらに詳しく学ぼう
    馬の脊椎
    頭と頸(首)
    背中
    腰仙椎結合部、骨盤、
    仙腸関節
    股関節から飛節
    肩甲骨から腕節
    腕節より下の部分
    蹄なくして馬なし!
    パート2
    馬の動き方
    筋肉はどのようにして動きを
    つくり出すのか
    連鎖反応!
    後肢の動き
    二重のトラブル-腰仙椎結合部
    と仙腸関節の機能
    前肢の動き
    馬の横方向への動き方
    下肢の腱
    馬はどのように衝撃を
    吸収するのか
    馬はどのように屈橈するのか
    尾部
    馬はどのようにして
    立ったまま眠るのか
    動きのつくり方
    ─解剖学的な視点から
    頭頂部での屈曲
    項靭帯の機能
    脊椎の構え
    頭と頸の位置が馬の動きに
    及ぼす影響
    馬の視覚
    体幹の安定性
    推進力
    馬がライダーを支える仕組み
    真直性の維持
    歩法
    常歩
    速歩
    駈足
    襲歩
    馬はどのように飛越するのか
    ─解剖学的な見方
    アプローチ
    踏み切り
    サスペンション期
    着地
    リカバリー
    パート3
    よく起こるトラブル
    筋肉のトラブル
    背中の痛み
    背中が敏感な馬
    腱や靭帯のトラブル
    トラブルの解決方法
    筋肉のコンディショニング
    馬のための柔軟体操
    ライダーのための柔軟体操
    マッサージと筋肉の指圧法
    マッサージの方法
    馬のためのストレッチ
    現場での配慮
    幸せで健康な馬のための
    廐舎管理法
    動きに関連する解剖学
    馬体に描く
    用語の理解

    著:Gillian Higgins、Stephanie Martin
    監訳:青木 修
    A4変型 上製 オールカラー 156頁
    ISBN978-4-89531-188-5
    2015年2月発行
    定価:本体4,200円(税別)


    パフォーマンス向上のためのビジュアルガイド

    関連商品

    ページトップへ