広告申込

    養豚界

    毎月初旬発売
    月刊「養豚界」の特徴

    誌面内容

    月刊「養豚界」は1966年の創刊以来、「儲かる養豚」をテーマに、養豚経営のあり方を常に先取りして、養豚家の実際の経営に役立つ情報を提供し、読者の方々からご好評を得ています。厳しい国際化の荒波のなか、養豚経営間の格差は年々広がる状況にあります。養豚業界の生き残りをかけた"いま"と"これから"について、飼養管理全般から流通・消費動向まで最新情報を通して明らかにしていきます。これからも養豚経営の未来をサポートするため、養豚家のニーズに応える情報源として最新かつ有益な情報を提供します。

    ●国際化時代の養豚界をリード
    月刊「養豚界」は、日本で最初に民間から誕生した養豚業界のための総合専門誌です。
    国際化時代を勝ち抜くための養豚経営の羅針盤となるべく、
    国内外のさまざまな話題を提供し、皆様の熱いご支持を得ています。
    明日の養豚経営をサポートする記事が盛り沢山です。

    ●内容盛り沢山の総合専門誌
    養豚家が進むべき新たな指針を示す〔巻頭特集〕、時代に切り込む鋭い視点と
    事実を深く掘り下げる独自の切り口でときの動きを伝える〔企画記事〕、
    現場ですぐに実践できる〔実用記事〕を中心に、多角的に、
    かつ掘り下げた誌面構成となっています。

    ●経営者が対象
    第一線で活躍される経営者、管理者、実務担当責任者を読者対象としています。

    販売ルート

    全国各地の種畜・養豚業者。各種養豚団体、中央畜産団体、農業共済組合、農協法人。農林水産省、厚生労働省、都道府県庁、市町村などの行政機関。農業学校、畜産の試験研究機関。畜産・食肉加工、量販店、その他の流通機関者。飼料・薬品・豚舎他の関連メーカー、ディーラー等が養豚界の読者です。

    広告のお申し込み、お問い合わせはメールもしくは電話にて受け付けております。

    メールでの申し込み・お問い合わせ 問い合わせメールアドレス:mad@mgp.co.jp

    お電話での申し込み・お問い合わせ TEL.03-6833-0561(企画・広告部)



    緑書房雑誌広告申し込み

    ページトップへ