会社案内

    English

    PHILOSOPHY

    An Assorted Selection of Publications on the Topics of “Life” and “Lifestyle”

    We at Midori Shobo believe that the essential elements for drawing a roadmap for the future of Japan and all other countries around the world are co-existence and symbiosis. First of all, people and all other living organisms including animals and plants seem like they are living on their own capacity, but in fact are kept alive in the big framework of nature. For example, if you think about meteorological phenomena, humans and animals have almost no means of resisting the forces of nature. Agricultural and fishery yields are easily affected by slight turn of weather conditions, not to mention being at the mercy of heat waves and the fierceness of major earthquakes, tsunamis, and typhoons when they occur. Faced with this immovable fact, mankind should be more modest. And co-existence and symbiosis are the natural and inevitable endpoint of modesty.

    When we tackle global issues such as resource depletion and endangered species, we must invoke the spirit of “mutual support” and “moderation,” which has quietly existed in Japanese minds since ancient times. We hope to promote this to the world along with “mottainai,” which has started to gain some attention as an international term. While Japan is losing its once strong vitality, when you come to think of it, we realize that we have the “wisdom” for pioneering our own future and that should be shared with the international community.

    Since its foundation in 1960, Midori Shobo has consistently released publications based on the main topic of life. The publication industry is perceived as one of the declining industries in recent years, but however the Internet may prevail, we firmly believe that the ultimate benefit of books is not going away. Be it hardcopy or electronic, books are packages that store knowledge and thoughts developed for further creation of knowledge and thoughts. Midori Shobo will continue to make books as a total package of knowledge, thoughts, and sensibility with the authors and deliver them to readers.

    Without the spirit of co-existence and symbiosis that respects the lives of both humans and all other living beings on Earth, we cannot solve international disputes, overcome food crises, or conserve the global environment. We at Midori Shobo will continue to capture the age in the context of “life” and “lifestyle” and deliver diverse publications.

    OUT LINE

    Date of establishment : Dec.1960
    Capital : 50,000,000 yen
    President : Morita Takeshi
    Total number of Publications : 860

    Business lines: Publishing journals and books, developing and implementing overseas inspection tour programs, developing and implementing seminars, developing and implementing shows and events, developing and selling videos and CD-ROMs, and developing and providing Internet-related services

    [Office]
    Zip 103-0004
    Ozawa Bldg
    3-4-14 Higashinihonbashi Chuo-ku
    Tokyo Japan
    TEL03-6833-0560
    FAX03-6833-0566

    出版理念

    「いのち」と「ライフスタイル」を
    メインテーマに多彩な出版活動

    私たち緑書房は、日本が、そして世界じゅうの国々が未来に道筋をつけていくためのキーワードは「共存・共生」だと考えています。そもそも、人も、他の動物も、そして植物も、生命(いのち)のあるものはすべて、自分の力で生きているようでいて、実は自然の大きな仕組みの中で生かされています。たとえば、気象ということで考えてみると、人は、動物は、その力の前にほとんど成すすべがありません。寒暖の少しの狂いに農作物や水産物の穫れ高が左右され、大地震、大津波、台風の猛々しさや酷暑に翻弄される。この動かしがたい事実の前に、人は、人類は、もっと謙虚にならなければならないのだと思うのです。そして、謙虚の先に、「共存・共生」があります。時として新たに発生して人類を脅かす新型ウイルスとの関係においても、打ち負かすのではなく、薬剤を開発するなどにより多くの人が免疫をもつことで一種の共生関係で安定状態にもっていくということではないでしょうか。

    地球規模で起こりつつある資源の枯渇や、絶滅危惧種などの問題に向き合うとき、私たちは、日本人の中に古来から潜んでいるはずの「おたがいさま」や「ほどほど」といった感覚を呼び覚ます必要があります。そしてこれを、国際語としてすこし知られるようになってきた「もったいない」と共に、世界に向けて発信していきたいものです。かつてに比べて活力を失っている日本ではありますが、こうして考えてみると、私たちは自らの明日を切り拓くための、さらには世界に向かって発すべき「知」をもっていることに気付かされます。

    緑書房は1960年(昭和35年)の創業以来、一貫して生命(いのち)をメインテーマに出版活動をつづけてきました。出版業は近年、衰退産業のひとつとも目されがちですが、どれだけインターネットが発達しても、本という形態がもたらす最終的な利点はゆるぎないと私たちは確信しています。紙のものであれ、電子化したものであれ、本は、知識や思考が生み出され、保存されているパッケージであり、そこからさらなる知識や思考が展開されるためにあるものです。私たちは、著作者とともに、知識と思考と感性のトータル・パッケージとしての本を、これからもつくりつづけ、読者にお届けします。

    人類はもちろんのこと、地球上のあらゆる生物の生命(いのち)を尊重する共存・共生の精神なくしては、国際紛争の解決も、食糧危機の克服も、地球環境の保全もありえません。私たち緑書房は、これからも「いのち」と「ライフスタイル」という文脈で時代を捉え、多彩な出版活動を展開していきます。

    出版理念

    会社案内

    会社名 株式会社 緑書房
    Midori Shobo Co.,Ltd.
    創業 1960年12月1日
    資本金 50,000,000円
    代表者 代表取締役社長 森田 猛
    事業内容 雑誌・書籍の出版
    DVDの制作・発売
    各種セミナーの企画・実施
    主要取引
    取次店
    株式会社トーハン
    日本出版販売株式会社
    楽天ブックスネットワーク株式会社
    株式会社中央社
    株式会社鍬谷書店
    株式会社西村書店
    株式会社日教販
    加入団体 一般社団法人日本書籍出版協会
    一般社団法人自然科学書協会
    一般財団法人日本出版クラブ
    公益社団法人読書推進運動協議会
    所在地 〒103-0004
    東京都中央区東日本橋3丁目4番14号 MAP
    OZAWAビル
    TEL 03-6833-0560 FAX 03-6833-0566

    ページトップへ