ツバメのひみつ

    価格: ¥1,980 (本体 ¥1,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    人間にとって身近な鳥でありながら謎の多いツバメの実態に迫る。
    基本的な生態から、飛翔と渡り、恋愛事情、子育て、文化や人間とのかかわりまで、最新の研究で明らかになった事実などを盛り込みつつ、わかりやすく解説。

    【本書のポイント】
    ・基本的な生態から、飛翔と渡り、恋愛事情、子育て、文化や人間とのかかわりなど、ツバメの「秘密」を幅広く取り上げ、詳しく解説。
    ・「平均寿命は1.6年、年間の平均生存率は50%」など、思わず人に話したくなるような「トリビア」が満載。
    ・「おまけ」として、ツバメにとって好ましい環境づくりなど、ツバメを招き入れる方法について収録。
    ・もっと知りたい、調べたいという方のために、要約付きの参考文献を掲載。

    目次

    第1章 ツバメとは?
    スズメとの違い
    他人の空似、アマツバメ
    ツバメの仲間
    オスとメス
    ツバメの一生
    1日のスケジュール、1年のスケジュール

    第2章 飛翔と渡り
    タカの目をもつ小鳥
    収斂進化とは?
    聴覚と嗅覚
    よい餌、悪い餌、DHA
    翼の航空力学
    燕尾と燕返し
    ツバメとアマツバメの燕尾進化
    地磁気を読んで渡る
    渡りに適した見た目の特徴

    ツバメ豆知識1:ツバメと進化

    第3章 春は恋の季節
    メスにモテるには?
    生存か繁殖か
    古巣となわばり
    ヒナに擬態して誘う
    ツバメは浮気者?
    子殺しと離婚
    謎多きメス

    ツバメ豆知識2:現世の動物や化石中のメラニン色素

    第4章 子を育てる
    卵の工夫
    雌雄の産み分け
    母のぬくもり
    自己犠牲神話
    親の偏愛
    兄弟仲よく?
    巣立ちとその後

    ツバメ豆知識3:ゲノミクスが明かす美しさと質の関係

    第5章 ツバメの地域差
    ヨーロッパのツバメ
    アメリカのツバメ
    日本のツバメ
    繁殖環境が特徴を作る
    ツバメの地域差はヒトのせい?
    小さな精子
    オスの抱卵
    新種誕生?

    ツバメ豆知識4:ツバメの燕尾論争

    第6章 ツバメと文化
    ツバメ釣り
    「ツバメの巣」はおいしい?
    伝書ツバメ
    池の底で眠る?
    ツバメが低く飛ぶと雨
    東洋の伝承・文学とツバメ
    西洋の伝承・文学とツバメ
    ツバメと芸術
    「ツバメの巣台」という文化
    ツバメに追いつけ、追い越せ

    ツバメ豆知識5:寄生虫と「赤の女王」

    第7章 リュウキュウツバメと越冬
    琉球列島の「ツバメ」
    冬の暮らしを調べる
    百年に一度の進化が見られた!
    「留鳥」としてのツバメ
    羽毛がつなぐ越冬地と繁殖地
    現地で明かされた冬のツバメ

    第8章 ツバメのこれから
    絶滅リスク
    ツバメの数はどうやって決まるか
    地球規模で働く環境変化
    温暖化
    都市化
    クリーン過ぎる、うるさ過ぎる
    未来のツバメ像
    ゲノム情報としてのツバメ

    おまけ ツバメとともに生きる
    ツバメを招き入れる
    ツバメはミニマリスト
    巣台とフン受け
    古巣はどうするか
    ツバメに来てほしくないとき
    カラスよけ
    巣やヒナが落ちたとき
    ツバメに好かれる街づくり

    もっとよく知りたい方へ(参考文献)

    著:長谷川 克
    監修:森本 元
    B6判 296頁
    ISBN978-4-89531-419-0
    2020年3月発行
    定価:本体1,800円(税別)


    ページトップへ