ペットの命を守る本

    価格: ¥2,420 (本体 ¥2,200)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    日常生活でのSOS、地震や水害などの自然災害――
    愛するペットの危機に対して私たちができることとは?
    いざというときに「助かる命を助けるために」
    必要な知識をペットレスキューの専門家が具体的に紹介します。

    元気に遊んでいたペットが突然意識を失い、呼吸が止まり、
    心臓に手を当てても鼓動が感じられない……そんなとき、あなたならどうしますか?
    ペットの命を救うためには初動が大切です。
    本書は、命の危機に瀕する犬や猫への救急救命法について、
    動物病院へ搬送する前に飼い主が実施できる処置を詳しく解説するとともに、
    ペットとの日常生活において起こりうる、
    アナフィラキシーショック、やけど、熱中症、咬傷事故の予防や対応も紹介します。

    さらに、大地震や水害など災害時の救急対応と日頃からの備えについてシチュエーション別に紹介し、
    災害時のペットとの同行・同伴避難の際、ペットと円滑に避難するための重要なポイントを解説します。

    目次

    第1章 ペットの救急法
    1.ペットの救急救助の現状
    ペットレスキューの対象
    ペット用酸素マスクの寄付活動
    ペット救急の根拠法令
    2.ペットの救命法の基本
    「救命の連鎖」で命を救う
    ペットの救命救急法の用語や指針の定義
    3.ペットの救命法を実践する
    観察、意識・反応の確認
    安全確認・動物病院の手配と搬送
    呼吸と脈の確認
    心肺蘇生法(胸部圧迫、人工呼吸)
    搬送途中の救命処置の継続と声かけ
    気道異物除去
    4.応急処置と日常での危険への対応
    止血法
    骨折時の処置
    アナフィラキシーショック
    やけど
    熱中症
    犬に噛まれたら
    自然毒のリスク

    第2章 災害時の救急対応
    1.地震に備えてペットを守る
    大地震の際に予測されるペットのケガ
    災害発生直後のペットの探し方
    高所から降りられなくなった猫の助け方
    地震発生時の行動手順
    「避難放棄ペット」を出さないために
    ペット救助に必要な道具
    地震後の火災について
    2.水害に備えてペットを守る
    水害をどうやって予測するのか
    洪水など水害時の危険リスク
    ヘリコプターによる救助
    もし、川に流されてしまったら
    湖や川、海での水遊びの危険性
    3.噴火に備えてペットを守る
    降灰の影響とリスクの予測
    情報収集

    第3章 ペットとの同行・同伴避難
    1.避難の前に知っておきたいこと、備えておくべきこと
    環境省の「人とペットの災害対策ガイドライン」を読んでおこう
    同行避難と同伴避難
    避難中のペットの飼養環境の確保
    避難生活におけるペットの感染症対策
    2.ペットの避難用備蓄品について

    第4章 動物の保護と介在活動
    1.海外の動物保護活動
    国際的動物福祉の基本(5つの自由)
    インド・アメリカ・ドイツの事例
    2.動物介在介入と動物介在医療
    医療現場を訪れる犬への理解
    ペット同伴入院・ペット連れ面会


    ペットの虐待を減らすために
    ペットのシートベルト着用義務
    犬・猫にマイクロチップ義務化で飼い主特定/改正動物愛護法が成立
    災害救助犬について
    ペットの安全な在宅状態について
    動物のいる避難所が癒しになる?
    事例1 岡山県倉敷市・総社市のペット同伴避難所開設事例
    事例2 熊本地震における地域獣医師会の取り組み
    ペットと新型コロナウイルス感染症

    著:サニー カミヤ
    監修:小沼 守
    B6判 224頁
    ISBN978-4-89531-589-0
    2021年12月発行
    定価:本体2,200円(税別)

    ※こちらの書籍は12月上旬に発売次第お送りします。


    もしもに備える救急ガイド

    ページトップへ