猫の診療指針 Part1

    価格: ¥17,600 (本体 ¥16,000)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    猫の診療に関する多岐にわたる情報を3分冊で網羅する新シリーズの第1弾、「Part1」。
    日本を代表する各診療科のエキスパート総勢118名が監修・執筆した国内初の猫の診療ガイドライン!

    獣医領域において「小動物」と一括りにされることが多い犬と猫。しかし「猫は小さな犬ではない」と言われるように、その形態や行動様式は大きく異なる。本書では、猫に焦点を絞り、動物病院で遭遇する代表的な疾患を中心に、各分野のエキスパート総勢118名が豊富なビジュアルとともにわかりやすく解説。猫を愛し、猫の診療に情熱を傾けるすべての獣医師必携の書。


    <本シリーズのポイント>

    ◆日本人による日本の動物病院のための、猫の診療指針シリーズ
    ◆ねこ医学会理事を含む各診療科のエキスパート総勢118名が執筆
      診療科ごとに当該分野のオーソリティー23名が監修
    ◆動物病院で診療機会の多い疾患を中心に、診療科ごとに整理して掲載
    ◆伴侶動物の長寿命化に対応し、疾患ごとに高齢猫への注意点を記載

    目次

    第1章 猫の臨床の基本
    章監修:石田卓夫(赤坂動物病院医療ディレクター、ねこ医学会会長)

    1.1 猫の特性を知る
    難波信一(マーブル動物医療センター、ねこ医学会副会長/CFC理事)

    1.2 キャットフレンドリーな病院作り
    服部 幸(東京猫医療センター、ねこ医学会 CFC理事)

    1.3 猫のハンドリングテクニック
    竹中晶子(赤坂動物病院)

    1.4 猫の薬理学
    栗田吾郎(栗田動物病院)

    1.5 猫の輸液
    長江秀之(ナガエ動物病院)

    1.6 猫の麻酔と疼痛管理
    浅川 誠(どうぶつの総合病院)

    1.7 猫の予防医学と定期検診
    石田卓夫

    1.8 不妊のための手術
    内田恵子/長江秀之

    1.9 高齢猫への対処
    東山 哲(ひがしやま動物病院、ねこ医学会副会長/CFC理事)


    第2章 循環器疾患
    章監修:竹村直行(日本獣医生命科学大学)

    2.1 心臓のバイオマーカー
    堀 泰智(酪農学園大学)

    2.2 心筋症の病理と病態生理
    町田 登(東京農工大学)

    2.3 拘束型心筋症
    藤井洋子(麻布大学)

    2.4 肥大型心筋症
    青木卓磨(麻布大学)

    2.5 拡張型心筋症
    中村健介(宮崎大学)

    2.6 大動脈血栓塞栓症
    平川 篤(ペットクリニックハレルヤ)

    2.7 先天性心筋症
    高野裕史(JASMINEどうぶつ循環器病センター)

    2.8 胸水・乳糜胸
    佐藤 浩(獣医総合診療サポート)


    第3章 泌尿器疾患
    章監修:宮川優一(日本獣医生命科学大学)

    3.1 解剖生理
    宮川優一

    3.2 急性腎不全
    下川孝子(山口大学)

    3.3 慢性腎臓病
    山野茂樹(うえだ動物クリニック)

    3.4 多発性嚢胞腎の臨床
    佐藤れえ子/小林沙織/内田直宏(岩手大学)

    3.5 先天性・家族性腎症
    宮川優一

    3.6 高血圧症
    宮川優一

    3.7 尿管閉塞および水腎症
    秋吉秀保(大阪府立大学)

    3.8 尿道閉塞
    秋吉秀保

    3.9 特発性膀胱炎
    宮川優一

    3.10 尿路感染症
    宮川優一

    3.11 尿石症
    岩井聡美(北里大学)


    第4章 呼吸器疾患
    章監修:藤田道郎(日本獣医生命科学大学)

    4.1 解剖生理
    大石元治(麻布大学)

    4.2 猫の気管支疾患・喘息
    城下幸仁(相模が丘動物病院 呼吸器科)

    4.3 肺炎
    藤田道郎(日本獣医生命科学大学)/米澤 覚(アトム動物病院 動物呼吸器病センター)

    4.4 縦隔気腫
    藤原亜紀(日本獣医生命科学大学)

    4.5 鼻炎・鼻腔内腫瘍
    藤原亜紀

    4.6 鼻咽頭狭窄
    藤原亜紀

    4.7 喉頭炎・喉頭腫瘍
    藤原亜紀

    4.8 膿胸
    上田 悠(カリフォルニア州立大学デービス校)


    第5章 救急
    章監修:中村篤史(TRVA夜間救急動物医療センター)

    5.1 猫の心肺蘇生法
    川瀬広大(札幌夜間動物病院)

    5.2 交通事故・落下事故
    杉浦洋明(DVMsどうぶつ医療センター横浜)

    5.3 ショック
    中村篤史

    5.4 大動脈血栓塞栓症の救急治療
    川瀬広大

    5.5 糖尿病性ケトアシドーシス・高血糖高浸透圧症候群
    塗木貴臣(TRVA夜間救急動物医療センター)

    5.6 救急呼吸器疾患
    上田 悠

    5.7 中毒
    中村篤史


    第6章 遺伝性疾患
    章監修:大和 修(鹿児島大学)

    6.1 多発性嚢胞腎
    佐藤れえ子/小林沙織/内田直宏

    6.2 遺伝性心筋症
    岩永朋子(鹿児島大学)

    6.3 家族性アミロイドーシス
    渡邉謙一(帯広畜産大学)

    6.4 赤血球ピルビン酸キナーゼ欠損症
    大和 修

    6.5 ライソゾーム病
    大和 修

    6.6 骨軟骨異形成症
    鷹栖雅峰(那須野ヶ原アニマルクリニック)

    総監修:石田 卓夫
    A4判 404頁 オールカラー
    ISBN978-4-89531-310-0
    2017年8月発行
    定価:本体16,000円(税別)


    関連商品

    猫の診療指針 Part2

    ¥18,700(本体 ¥17,000)

    猫の診療指針 Part3

    ¥18,700(本体 ¥17,000)

    ページトップへ