図解スポーツ傷害とリハビリ治療のためのテーピング技術

    価格: ¥5,280 (本体 ¥4,800)
    数量:

    返品についての詳細はこちら

    twitter

    内容

    理学療法とアスレチックトレーニングに関するテーピング技術を網羅し、治療的側面から解説。

    <本書のポイント>

    ◆ 関節や筋肉などの構造を、豊富なビジュアルで分かりやすく解説
    200枚以上のカラー写真と解剖図で、部位ごとに骨格や筋肉を詳しく説明。

    ◆ 治療の意味がわかる!
    医療関係者でなくても身体の構造が分かり、治療の意味を理解し、スポーツ障害やリハビリに適切な手技を選ぶことができる。

    ◆ スポーツ医療の現場で使えるテーピング手技を収録
    理学療法士、作業療法士、アスレチックトレーニングの専門家、学生に最適。

    目次

    第1章 テーピングの基礎知識
    テーピングと解剖の関係
    テープの種類
    なぜストラップテープなのか
    テーピングに関するガイドライン
    テーピングの適用
    本書の資料について

    第2章 足首と足部
    総説・解剖図
    足首と足の解剖
    根拠
    足の回内運動の軽減とテーピング
    装具
    評価
    テーピング技術
    装具
    症例

    第3章 膝
    総説・解剖図
    膝の解剖
    根拠
    評価
    テーピング技術
    装具
    症例

    第4章 頸部、胸部、腰部
    総説・解剖図
    頸部、胸部、骨盤部の解剖
    根拠
    評価
    テーピング技術
    装具
    症例

    第5章 肩
    総説・解剖図
    肩の解剖
    根拠
    評価
    テーピング技術
    装具
    症例

    第6章 肘、手首、手
    総説・解剖図
    肘、手首、手の解剖
    根拠
    評価
    テーピング技術
    装具
    症例

    著:Anne Keil
    監訳:伊藤 和憲
    B5判 208頁 オールカラー
    ISBN978-4-89531-272-1
    2016年9月発行
    定価:本体4,800円(税別)


    ページトップへ